京都北山・峰床山

またまた、久しぶりのブログアップとなりましたー。
年内の山行は年の明けないうちにやらなくちゃね。

12月7日、京都北山・峰床山に行って来ました。
この日は寒波がきておりまして、お天気はどうなるかしら~と思っていましたら、葛川学校前バス停を降りて早速の雪です。

画像



ここからどんどん林道を歩いて行きます。
けっこう歩いてそろそろこの林道に飽きてきたかなー、と思った頃にこの道標が。

画像



だけど、すぐには八丁平への道がわからず。
しばらくして赤布発見。頼ってしまいます。
でも、わかりにくいはず。道を探していたのだけど、最初は岩の崖のようになっているところを下りて徒渉でした。
雪で岩が濡れているので、私はつるっと滑ってしまいました。

道を探していた時のワンショット。

画像


岩から木が生えているみたいですねー。

さあ、ここからは谷筋の道を行きますので、岩がゴロゴロしてたり徒渉が多いです。
それに細い道のトラバース。雪で斜面との境目がわかりにくく、つるっと行ってしまえば川にポチャンですからハラハラドキドキ。もうちょっとで八丁平というところでは、ひたすらにジグザグ道を行きます。

やっと八丁平に着いたー!

画像


雪でどんな湿原なのかわからな~い!
昔に比べると…、という声も聞きますが、どんな湿原なのかは、また雪のない時のお楽しみですね。

そしてリーダー以外のメンバーは、ここまで来るだけで慣れない雪道にヘトヘト。
もうちょと行きたそうなリーダーに「もう、雪道は十分堪能しました。ここで引き返しましょう。」と提案したのでした…。
そういうわけで、峰床山の山頂はまたの機会にお預けです。

登りでこれだけ大変だったんだから下りはもっと大変と思っていましたが、案外トコトコとスムーズに下山。
このペースだったらもうちょっと上まで登っていても大丈夫だったかな~、なんて言いながら坊村のバス停まで歩いて、そこの喫茶店でゆっくりとバスを待つのでありました。

もう一つおまけに雪景色の写真。

画像


今回は何か似たような写真ばっかり撮ってました。


今年も残すところあと僅かになりましたね。
広島の土砂災害や御嶽山の噴火等、大きな災害がありました。
大自然に対しての人間の小ささを思い知らせれますが、それでも自然に魅入られ山に惹かれ…。
真摯に山と向き合って、安全第一で山登りを楽しみたいですね。

それでは、皆さん良いお年をー!!

aki

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック